島村楽器さんは、オリジナルブランドを
たくさん展開されてます。

で、気軽に弾けるミニギターを物色すべく
店をのぞいていると、店員さんと目が合い試奏と相成りました。

まずは「Lumber(ランバー)」というシリーズのミニギター。
ブランドコンセプト
「初めての方におすすめのスタンダードモデルをラインナップ」
というだけあってリーズナブルで、試したのは

フォト

Lumber L100Mのタバスコサンバースト。

弾いてみると...たとえが難しいですがアコギの音とは
違う音が鳴る感じ。小さいとは言えポコンポコン過ぎです。
いくら安いとは言え、それでも1万程度なので苦しいなぁと。
あとちょっと弾いてて思ったんですが

「チューニング合わせるの難しいでしょ?」(ふじみき)
「どちらかと言えば合わせにくいです」(店員さん)

その答えを聞いた僕の表情を見て、店員さんが別のギターを出してきました。

「James(ジェームス)」というシリーズのミニギター。
こちらは「クラスを超える豊かな響きが、音楽のある生活を素敵に彩ります。」
というブランドコンセプト。
まぁコストパフォーマンスモデルってことでしょうか。

で、店員さんに手渡されたのが

フォト

James JFM1のナチュラル。

弾くと...おぉアコギの音!
この当たり前な事に感動しました。でも、決して上質な音質ではありません。
あとコストパフォーマンスモデルと言っても
これぐらい(3万円弱)だと、普通サイズだとYAMAHAのFG-720Sあたりが
実売価格同じで買えますし、ミニギターでももうちょい頑張れば

『リトルマーチン』

あたりに手が届きます。
そう考えると答えはおのずと出ているようなもんです。

あっそうそうYAMAHAと言えば「JR1」というミニギターが
ありますが、あれってどんなもんだろ。
値段は、James JFM1より安いので一度試奏してみたいですね。