半年留年して卒業後はや1ヶ月、この内定をいただけました。

といってもあまり喜ぶことはできないほどの会社ですがね・・

 

9月卒業、留年とかは別に不利になんかならないよ。

そのあいだに何をやってきたかが大事ですね。きちんと説明できれば問題ないと思いますが。。

周りは年下なのでちょっと優越感に浸れます←

ニート生活楽しかったです。

 

ここでどのように就活してきたかをさらっと書いてみます。参考になるかどうかはわかりませんが。

 

理系の場合のプロセス

 

留年確定後

就活をいっさいせず研究に没頭しました。

朝9時から夜8時くらいまで毎日。

大変でしたが得るものも多かったです。

協調性であったり、自ら解決していく考える力であったり。

 

で、海外逃亡とか考えましたがしなくてよかったかも。

文系だったらしていいかと。

理系だと学んだことを生かしての就職なんで忘れちゃいます。数ヶ月でも苦労しました。

 

ここから自分探しの旅が始まる

 

で、翌年6月くらいからIT系(まったく違う分野)に興味があったため1ヶ月国の援助でお金をもらいつつインターンしてきました。学校は週2なんで。

しかし、僕には到底続けられる気がしなかったです。デザイナーみたいなかんじだったんですけどずっとパソコンとにらめっこですよww

目は疲れるわ眠いわ足ケツ痛いわで散々。

ここで現場仕事が向いてると気づく。

化学で現場仕事といえば環境分析だ。

 

そこで近場で環境の会社あさってHPからアポをとってみた。

1週間研修してきました。が、分析ではなく環境コンサルタントでした。もちろん座ることが多かったです。つらい。

 

ここで既に研究から離れていたので機器を思い出すために技術研修をしにいきました。有料です。550000円程。

派遣会社です。

が、現実を知りました。派遣をするとほぼ正社員になることはできない・・

もったいなかったんで新卒採用でさがすことにしました。

どう探したかというとリクナビとかはつかってません。

 

興味がある、やりたい仕事ができる会社を県内でかたっぱしから調べほぼ全てに凸しました。

そうなかなかうまくいかないですけどね、面接してくれます。個人的にアプローチしてくる人は稀だそうです。そうです僕は異端児なのです←

面接は個人なにるのでジックリ話せるメリットがあります。僕はここが気に入ってました。集団面接とかあほかと。グルディスとかも。とくに女子がきた場合男はきついww

 

で決まったのはハローワークで見つけました。

履歴書だしてまだ届いてないのに面接に来てくれとのこと。

いきました。2時間後に内定の連絡が・・・

はやい

怪しい

まあいい

それも理解した上で承諾した。

人手が足りない深刻な状態だと面接適当でもいけます。

これが狙いです。なかなかありません。ラッキーでした。

就活なんて馬鹿らしいのでほとんどしてません。

時間と金のむだじゃあああああああ

(地方

 

結論

運がよければいける←

 

ただそうなるためにはジッとしてるだけではだめである。

 

常識ぶち破って動き回れ

 

下の本は唯一使った。立ち読みしておいで

 

マイナビ2014オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 面接担当者の質問の意図

マイナビ2014オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 面接担当者の質問の意図

  • 作者: 才木弓加
  • 出版社/メーカー: マイナビ
  • 発売日: 2012/04/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る